医師、看護師、技師、研修医の採用・募集を充実し、安全かつクオリティーの高い医療技術を尾道及び周辺地域住民の皆様に提供し、「心を動かす」医療を目指します

小中大

ホーム> 各科のご案内> 眼科
診療科のご案内

尾道市立市民病院から

がん診療

病院情報の公開

トピックス/広報誌

[ 眼科 ]

眼科の現在の情報、及び各科からのお知らせをご案内します。

『眼科』の概要

外来では、糖尿病網膜症、緑内障の方を多く診させていただいていますが、最近話題の加齢黄斑変性症(age related macular degeneration:AMD)のため変視をきたしている方も多く、これらの疾患の診断に有用な光干渉断層計(optical coherence tomography:OCT)を尾道ではじめて導入することになりました。このOCTは網膜の断面像を光学顕微鏡の組織切片に近い精度で非侵襲的に描出する画期的な装置で、黄斑円孔などの網膜硝子体界面病変、黄斑浮腫、加齢黄斑変性などの生体組織像が明らかになります。このAMDについて少しふれてみます。この疾患は全国に43万人、50歳以上の100人に1人が発症しており、症状は物がゆがんで見えることです。滲出型では脈絡膜新生血管の増大とともに漿液性網膜剥離、網膜色素上皮剥離、網膜下出血、硬性白斑などをきたし、放置すると視力低下が進行し失明することがあります。実際、欧米の先進諸国においては、成人の失明、視力低下の主原因となっております。しかし、OCT検査によって、早期に発見し、PDT (photo dynamic therapy)を行うと、その病変範囲によっては、視力低下を防止することができます。従いまして、ご高齢者の多い尾道では、この検査は大変有効なものになると確信しております。

sp
ページ先頭へ戻る