医師、看護師、技師、研修医の採用・募集を充実し、安全かつクオリティーの高い医療技術を尾道及び周辺地域住民の皆様に提供し、「心を動かす」医療を目指します

小中大

ホーム> 病院のご案内> 当院のがん診療の現状> 大腸がんの統計

当院のがん診療の現状

尾道市立市民病院から

がん診療

病院情報の公開

トピックス/広報誌

[ 大腸がんについての統計 ]

大腸がんについての説明やその診断方法、治療方法を紹介し、尾道市民病院で集計された統計をグラフでご案内します。

大腸がんの統計

最終更新日:平成23年09月03日
胃がんの統計 肝がんの統計 大腸がんの統計 肺がんの統計
乳がんの統計 膀胱がんの統計 前立腺がんの統計 sp
大腸がんについて

食生活、生活習慣の西洋化に伴い、現在も増加傾向にあります。腸閉塞(便秘、腹満)、下血といった症状で発見される事が多いですが、 無症状の方も少なくありません。

大腸がんの診断

簡単な検査としては便潜血反応(便を調べます)があり、 精密検査としては、注腸検査、大腸内視鏡検査があります(どちらも下剤で腸管内を掃除しておく前処置が必要です)。 尾道地区では最近、進行例が増えてきています。病気の早期診断には早めの検査が必要です。検診等で異常を指摘された場合や、 自覚症状がある場合には怖がらずに早めに御相談ください。

大腸がんの治療

治療については、基本的には大腸癌治療ガイドラインというものがあり、これに沿って行っております。 早期癌では内視鏡的に切除できる場合が多いのですが、一部の早期癌と進行癌では大腸を切除する手術となります。 患者さんの状態や、病気の進行具合によって腹腔鏡を使った手術や開腹下の手術を行います。 また、肛門近くの癌の場合は人工肛門を造設する事があります(下腹部に直接大腸を持ち上げます)が近年人工肛門を作る患者さんの手術は減ってきています。 いずれにしても、患者さんと十分話し合いながら治療は進みます。ご不明な点や、納得いかない点がございましたらいつでも御相談ください。

外科における大腸癌切除症例の生存曲線

外科における大腸癌切除症例の生存曲線
(2000年1月〜2010年12月)

5年生存率:68.5%

ページ先頭へ戻る
大腸がん発見者来院時住所
大腸がん発見者来院時住所
尾道市 54
福山市 10
三原市
広島市

(2010.4.1〜2011.3.31)

(単位:人)

sp
ページ先頭へ戻る
大腸がん発見時の年齢
大腸がん発見時の年齢所
50代
60代 13
70代 21
80代 23
90代

(2010.4.1〜2011.3.31)

(単位:人)

sp
ページ先頭へ戻る
大腸がん初回治療状況
大腸がん初回治療状況
手  術 44
体腔鏡的治療 10
内視鏡的治療
化学療法

(2010.4.1〜2011.3.31)

(単位:人)

sp
ページ先頭へ戻る
大腸がん男性・女性割合
大腸がん男性・女性割合
男性 42
女性 25

(2010.4.1〜2011.3.31)

(単位:人)

sp
ページ先頭へ戻る
大腸がん臨床進行度割合
大腸がん臨床進行度割合
限局 27
所属リンパ節転移 16
隣接臓器浸潤 11
遠隔転移
不明

(2010.4.1〜2011.3.31)

(単位:人)

sp
ページ先頭へ戻る
大腸がんステージ割合
大腸がんステージ割合
10
24
11
不明

(2010.4.1〜2011.3.31)

(単位:人)

sp
sp
ページ先頭へ戻る