医師、看護師、技師、研修医の採用・募集を充実し、安全かつクオリティーの高い医療技術を尾道及び周辺地域住民の皆様に提供し、「心を動かす」医療を目指します

小中大

ホーム> 病院のご案内> 当院のがん診療の現状> 膀胱がんの統計

当院のがん診療の現状

尾道市立市民病院から

がん診療

病院情報の公開

トピックス/広報誌

[ 膀胱がんについての統計 ]

膀胱がんについての説明やその診断方法、治療方法を紹介し、尾道市民病院で集計された統計をグラフでご案内します。

膀胱がんの統計

最終更新日:平成23年09月03日
胃がんの統計 肝がんの統計 大腸がんの統計 肺がんの統計
乳がんの統計 膀胱がんの統計 前立腺がんの統計 sp
膀胱がんについて

膀胱がんとは:腎臓が作った尿を体外へ排出する経路を「尿路」と言い、上から順に腎盂(じんう)→尿管→膀胱→尿道とつながっています。これらの尿路の表面から発生するがんを「尿路上皮がん」と呼びます。膀胱がんは尿路上皮がんがたまたま膀胱にできたものということになりますが、尿路上皮がんの部位としては膀胱が最も高頻度です。性別による頻度の差がはっきりしていて、男性は女性に比べて3〜4倍多いといわれています。この違いは主に喫煙によると考えられていて、あまり知られていませんが喫煙は膀胱がん発生の最大の要因(原因)です。比較的ご高齢の方に多く、一番多い年齢は70歳台です。

膀胱がんの診断

膀胱がんの症状:最初の症状は目で見てわかるような血尿(肉眼的血尿)のことが多く、患者さんご自身によりワイン・コーヒー・コーラのような色と表現されることもあります。他に症状を伴わないことが多く、ある日突然真っ赤な尿が出て、収まったかと思うとまた出るということを繰り返すのが典型的です。放置すると血尿が止まりにくくなり、中でも血のかたまりが膀胱の出口につまって膀胱がパンパンになる状態(膀胱タンポナーデ)は非常に苦しいものです。さらに進行すると全身に広がってさまざまな症状の原因となり、命取りになることがあるのは他のがんと同様です。

膀胱がんの診断に必要な検査:がん以外の病気で血尿が出ることはたくさんありますが、ある程度以上の年齢(40歳くらい以上)の方が肉眼的血尿で受診された場合、膀胱癌の可能性を考えて検査をします。そこでまず必要なのが膀胱鏡です。これは尿道からカメラを入れて膀胱の中を直接観察するので少し気持ちのよくない検査ですが、やわらかいカメラ(軟性鏡)で行いますし、普通は2〜3分で済みます。そして膀胱鏡で膀胱がんと診断されたら、組織検査(生検)・CT・MRIなどでがんの性質(悪性度)や根の深さ、広がりを調べて最適の治療を考えます。

膀胱がんの治療

膀胱がんの治療:がんが初期またはおとなしいものであればカメラで削り取る手術(経尿道的腫瘍切除術)で済みますが、再発しやすいと判定されれば薬剤を膀胱へ注入する治療を行うことがあります。さらに、進行したものや悪性度の強いものであれば抗がん剤や放射線による治療、開腹による手術が必要になることもあります。膀胱を残して治療することが難しいと判断されれば膀胱を全部取る手術(膀胱全摘術)が必要になります。この場合、尿の通り道を作り直す処置(尿路変更術)を同時に行います。当院では、膀胱がん自体の病状だけでなく、患者さんの年齢・他の病気の有無(基礎疾患)・ご本人やご家族のご希望などを考慮して、最もふさわしい治療を受けていただけるように努めています。

ページ先頭へ戻る
膀胱がん発見者来院時住所
膀胱がん発見者来院時住所
尾道市 19
福山市
三原市

(2010.4.1〜2011.3.31)

(単位:人)

sp
ページ先頭へ戻る
膀胱がん発見時の年齢
膀胱がん発見時の年齢所
50代
60代
70代
80代
90代

(2010.4.1〜2011.3.31)

(単位:人)

sp
ページ先頭へ戻る
膀胱がん初回治療状況
膀胱がん初回治療状況
外科的治療
内視鏡的治療 25
放射線治療
化学療法
内分泌療法

(2010.4.1〜2011.3.31)

(単位:人)

sp
ページ先頭へ戻る
膀胱がん男性・女性割合
膀胱がん男性・女性割合
男性 21
女性

(2010.4.1〜2011.3.31)

(単位:人)

sp
ページ先頭へ戻る
膀胱がん臨床進行度割合
膀胱がん臨床進行度割合
上皮内 12
限局
所属リンパ節転移
隣接臓器浸潤
遠隔転移
不明

(2010.4.1〜2011.3.31)

(単位:人)

sp
ページ先頭へ戻る
膀胱がんステージ割合
膀胱がんステージ割合
0a 10
0is
不明

(2010.4.1〜2011.3.31)

(単位:人)

sp
sp
ページ先頭へ戻る