看護部方針・目標

(1) 地域社会の変動・医療の進歩に伴い、その要請に応じた看護を提供します。
(2) あらゆる健康レベルにある人々を看護の対象としてとらえ、常に相手の立場に立ち、
  その信条・人格・権利を尊重します。
(3) 患者の持つ潜在的治癒力を最高に引き出す努力、個々のニーズに応じた看護を提供し
  ます。
(4) 専門職として常に看護の本質を追究し、主体的に学習します。
(5) 臨床の場は教育の場であることを認識して行動します。
(6) 医師および他部門との信頼関係を保って協力します。
(7) 心身の自己管理、健康の保持増進に努め、自己の能力の開発に努力します。
(8) 市職員・尾道市立市民病院の看護師としての誇りを持ち、品性を高める責任を担って
  行動します。

T.地域包括ケアシステムの構築と推進に貢献

地域のニーズを捉えて、急性期病院の看護師の役割について考える
患者の生活の質に焦点を当て、住み慣れた地域において、その人らしく自立して暮らすことへの支援を充実させる

  • 1. 患者、患者家族の意思決定支援を充実させて、在宅療養を支援する
  • 2.「入退院支援センター」の機能を充実させる
       入院前から、退院を見据えた看護の展開
  • 3. 退院前在宅訪問・退院後在宅訪問の充実
  • 4. 健康寿命の延伸のための生活習慣病予防・重症化予防・介護予防
      「ロコモ体操」「県民体操」の有効活用

U.チーム医療の充実に向けて、多職種との連携・協働

チーム医療において、看護師がキーパーソンである

  • 1. 各種チーム医療推進のための活動において、積極的に関わり、情報の提供・共有を
      図る
  • 2.「患者記録」の充実
       多職種連携・協働のための共通用語について考える

V.人材育成

クリニカルラダーを活用し、継続教育の充実を図り、評価を可視化する

  • 1. クリニカルラダーを活用し、スキルアップを目指す
  • 2. クリニカルラダーの評価基準の構築
       評価者の育成
  • 3. マネジャー、スペシャリスト、ゼネラリストの育成
       クリニカルラダーに則した、各種研修の受講

W.健全な病院経営に参画する

「病院機能向上委員会」において多職種連携・協働で医療提供体制の向上を図る

  • 1. 業務改善のための積極的な意見交換を心がける
  • 2. 業務委譲、業務拡大について検討する
  • 3. 働き方改革のための多様な働き方の推進

キャンペーン

ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)を目指して業務上の危険・健康づくりについて考えましょう

当HPに使用している写真は、撮影者・対象共に使用許可を得て掲載しております。

Copyright (C) ONOMICHI MUNICIPAL HOSPITAL. All Right Reserved.