エキスパートナース/スペシャリスト

当院ではスペシャリストが活動し、看護の質向上に貢献しています。また、資格取得と活動を支援しております。専門看護師コース(大学院)を卒業される方も大歓迎です!

認定看護師は、6 か月の教育期間があり、専門看護師は大学院教育が必要です。 当院は、取得を支援するためにその期間、身分を保障し(原則出張)、一部費用負担をしています。 取得後は主任級以上の給与と活動の保障、学会発表や資格維持に必要な研修受講等を補助しています。

がん看護専門看護師

 がん患者さんは、身体的な痛みのみならず、不安などの心の問題、家族や周囲の人、医療者との関係、就労や経済負担など多様な「痛み」を抱えているといわれています。がんという病気を抱えながら日常生活を送られている患者さん、ご家族の方の身体的・精神的な苦痛を理解し、安心して暮らせる社会を構築するための取り組みを推進します。
 がん看護専門看護師には、患者さんとご家族のQuality of Life(生活の質)の視点に立った水準の高い看護を提供する役割があります。がんと診断され、入院生活や在宅療養中においての癌治療における不安や心配事の相談に応じております。がん患者さん、ご家族の方と一緒に考え、悩みながら、納得のいく最善のがん医療が受けられるよう支援させていただきたいと考えています。

皮膚排泄ケア認定看護師

実践・指導・相談で看護ケアに貢献

認定看護師とは、看護現場において実践・指導・相談の3つの役割を果たす事により、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献します。
皮膚・排泄ケア分野は主に、ストーマ(人工肛門)造設・褥瘡(床ずれ)等の創傷及び尿や便失禁に関する事で大きな役割は皮膚障害の予防とスキンケアです。この領域で皮膚障害を抱える患者さんに対して問題点を把握し、適切なケアを提供しています。正しいケアを行う事で確実に皮膚障害が目に見えて改善する分かりやすい領域です。現在、月に2回ストーマ外来を行い、入院および外来の患者さんや家族の方が今までと変わらない日常生活を安心して送れるようストーマケアの指導や相談に応じています。
そして、院内で皮膚トラブルの相談依頼があった時には早急に対処し皮膚障害の憎悪防止に心がけています。また褥瘡対策委員会のメンバーとして毎月会議に参加して、院内の褥瘡発生率1%以下を目指して活動しています。
今後は医療スタッフ全員が、患者さんの抱える問題点を抽出し解決していけるようになるため院内研修会をテーマ別に行い、スタッフの知識普及、技術向上に努めていきたいと思います。そして病院だけでなく、市民の皆様の健康にも貢献していきたいと思っています。お気軽にご相談ください。

緩和ケア認定看護師

緩和ケアの基本は「NOT DOING, BUT BEING!」

がん患者さん、ご家族の方の苦痛を緩和し、QOLが維持できるよう、住み慣れた我が家での生活が安心して送れるよう支援させていただきます。地域の先生方とも連携を図り、在宅調整を行い、在宅看取りを含め患者さん、ご家族の望む療養場所の提供を積極的に行っております。

 私は、緩和ケア認定看護師の資格を取得し、集学的がん治療センターに所属してがん看護の実践を行っています。また、緩和ケアチームの一員として活動しています。
 緩和ケアは、がん治療の初期段階から必要とされます。集学的がん治療センターでは、疾患の早期から患者さんやご家族と関わることができるため、早い時期から信頼関係を築き、患者さんのQOLを高めるという視点で関わらせていただきたいと思っています。そして、看護師が患者さんに感心を寄せ、共にいることが、患者さんの希望を支えるケアにつながると考えています。
 緩和ケア認定看護師は、がん患者の身体的、精神的、社会的、スピリチュアルな苦痛を科学的根拠に基づきアセスメントし、実践する役割があります。どのような病期にあっても、患者さんが体験している辛い症状を緩和し、QOLを重視した生き方を援助していきたいと考えています。スタッフと一緒に看護ケアを実践し、看護の質の向上を図っていきたいです。

感染管理認定看護師

感染対策の合言葉は、持ち込まない!持ち出さない!広げない!

私は感染管理認定看護師の資格を取得し、医療安全管理部 感染制御室で専従看護師として活動しています。
感染管理の目的は、医療施設すべての人々を感染から守ることです。その中で感染管理認定看護師は、疫学の知識に基づく医療関連感染サーベイランスを実践し、ケア改善にむけた感染防止技術の指導や多職種と連携し問題解決に向けた相談・調整等を行う役割があります。
私は「持ち込まない・持ち出さない・広げない」を感染対策の合言葉に、当院にあった医療関連感染の予防と管理システムを構築し実践するために、感染防止対策チーム(Infection Control Team:ICT)への報告体制を整え、院内の情報を早期に把握し対応出来るようにしています。また、院内ラウンドやコンサルテーションを通じて感染防止対策が実践されているか、臨床現場で困っている事はなにか等を把握し、ICTメンバーやリンクナースとともに改善策の立案や評価を行っています。
当院ではキャリアサポートとして、認定看護師の資格取得や活動に対して看護部をはじめ病院全体の理解と支援があるため日々やりがいと充実感を感じています。

集中ケア認定看護師

 私は、2011年度に集中ケア認定看護師資格を取得しました。集中ケア認定看護師の役割は、過大侵襲により生命の危機的状況にある患者さんに対して、病態変化を予測して重症化を回避し、二次的障害の程度を最小限にして早期回復への援助を行うことです。
 当院のICU・HCUには、救急外来や入院中の重症患者さんおよび術後の患者さんが入室され、呼吸・循環管理を行いながら合併症予防のケアや早期離床に向けた援助に取り組んでいます。また、現在は呼吸ケアサポートチームにおいて活動をしています。
 急性期における看護ケアは患者さんの予後を大きく左右すると考えています。ベッドサイドでの看護実践を通してスタッフと共に考えながら、根拠に基づいた看護ケアの提供につなげていき、看護の質の向上と一貫した看護ケアの継続ができるように取り組みたいと思います。そして、患者さんおよびご家族が安心して治療を受けられるように努めたいと思います。

糖尿病看護認定看護師

 糖尿病は生涯にわたって生活調整を必要とする疾患ですが、現実問題として糖尿病と共存して良好な生活を続けることが困難なケースが多く、また、多様化する社会生活の中でセルフケアの継続はとても難しくなってきています。私は糖尿病看護認定看護師の資格を取得後外来で活動しており、糖尿病患者さんと関わる時間が限られる中、できるだけ患者さんの思いを傾聴し一緒に考える姿勢を大切にしています。そして、糖尿病と付き合いながら普通の生活が送れるよう身体・心理・社会面から幅広くアセスメントし、セルフケアに対する継続的支援を行っています。また、合併症予防対策としてフットケア外来や血管診療センターの一員としても活動をしています。
現在、糖尿病ケアチームの活動として、糖尿病専門医師と他のスタッフと共に糖尿病教室を通しての患者教育を行っています。また、院内研修会などを行いスタッフの知識、技術の向上に努めています。
今後は院内に留まらず、地域との連携を充実させ継続的に糖尿病患者さんの支援が出来るよう活動して行きたいと思います。

救急看護認定看護師

 『救急看護とは病院の内外を問わずあらゆる場面で生じる患者への救急処置が必要となる状況において実践される看護活動』と言われています。
 時と場所を選ばず、年齢・疾患を問わず様々な患者さんと家族が対象となり、あらゆる緊急場面で行われるのが救急看護です。私達は限られた時間と、少ない情報からアセスメントを行い、緊急度・重症度の判断を行います。そして、全身状態の急激な変化に即応し、危機的状況下にある患者さん及び家族へ看護を行う必要があります。
 尾道市立市民病院は二次救急病院ですが、広島県東部(尾道三原)の地域医療を支える中核病院として一次から三次までの救急患者の受入れを24時間行っています。
私は『搬送されて来てよかった。治療・看護を受けることができてよかった。』と思っていただけるように、最新の知識と熟練した技術の研鑽に努め、スタッフの方々と共に患者さん及び家族へより質の高い看護が提供できるよう努めていきたいと思っています。

がん化学療法看護認定看護師

「安全」「確実」「安楽」ながん化学療法看護の実践

 がん化学療法においては、体のことや抗がん剤のことを患者さんご自身が知り、副作用対策や生活の調整を行いながら日常生活を過ごしていくことが大切になります。
 私は、患者さんが「安全」「確実」「安楽」に治療を継続できるように、患者さん一人一人に合わせた看護を提供していきたいと思います。

慢性心不全看護認定看護師

 慢性心不全の発症・増悪を予防するためには、生活調整がとても重要になります。私は、患者さんの不安や心配事を少しでも軽減し、患者さんらしさを大切に、地域で生活できるように支援していきたいと考えています。そのために教育支援や心不全の病態に応じた生活調整をし、継続支援を行っていきます。

当HPに使用している写真は、撮影者・対象共に使用許可を得て掲載しております。

Copyright (C) ONOMICHI MUNICIPAL HOSPITAL. All Right Reserved.