医師、看護師、技師、研修医の採用・募集を充実し、安全かつクオリティーの高い医療技術を尾道及び周辺地域住民の皆様に提供し、「心を動かす」医療を目指します

小中大

ホーム> 病院のご案内> 沿革

病院のご案内

尾道市立市民病院から

がん診療

病院情報の公開

トピックス/広報誌

[ 沿革 ]

尾道市立市民病院の歴史をご案内します。

尾道市立市民病院の沿革

1930年(昭和5年)  7月 尾道市立尾道診療所開設(診療科 8科)
1936年(昭和11年) 9月 尾道市立尾道厚生病院開設(診療科8科、病床17床)
1937年(昭和12年) 7月 病床数の変更 28床
1950年(昭和25年) 8月 病床数の変更 37床
1953年(昭和28年) 3月 結核病棟を新設 30床
1954年(昭和29年) 1月 給食室を新設
1954年(昭和29年)11月 完全給食実施承認となる
1955年(昭和30年) 7月 結核病棟を増設 20床(一般37床、結核50床)
1957年(昭和32年) 4月 尾道市立市民病院と改称
1957年(昭和32年) 9月 病床数の変更(一般50床、結核52床、計102床)
1957年(昭和32年)12月 看護婦寄宿舎を増設(定員15名)
1958年(昭和33年) 2月 完全看護実施承認となる
1959年(昭和34年) 6月 結核病床の増設(57床となる)
1964年(昭和39年) 5月 基準寝具設備実施承認となる
1965年(昭和40年)12月 病床数の変更(一般84床、結核57床、計141床)
1968年(昭和43年) 7月 病床数の変更、リハビリを新設
(一般82床、結核35床、計117床)
1969年(昭和44年) 3月 救急告示病院となる
1976年(昭和51年)10月 病院敷地内に市立夜間救急診療所を設置する 診療科目(内、外)
1983年(昭和58年) 4月 新市民病院開院(一般240床)
【診療科目】
(内、外、整、小、脳、産、皮、泌、耳、眼、放、理、計12科)
病院建物内に市立夜間救急診療所開所 診療科目(内、外、小)
1985年(昭和60年) 7月 市民病院医学雑誌第1巻発行(年2回)
1987年(昭和62年) 3月 病床数の変更(一般297床となる)
1988年(昭和63年) 3月 放射線医療センタ−竣工
1989年(平成元年)  4月 言語療法室を開設
1991年(平成3年)  2月 神経(心療)内科を開設
1992年(平成4年)  3月 院内改造しMRIを導入
1992年(平成4年)  9月 麻酔科を開設
1993年(平成5年)  1月 歯科を開設
1995年(平成7年)  4月 精神科を開設
1997年(平成9年)  1月 アレルギ−科、リウマチ科、歯科口腔外科を開設
1999年(平成11年)10月 循環器科を開設 新棟竣工
1999年(平成11年)12月 病床数の変更(一般330床となる)
2002年(平成14年)10月 地域医療連携室設置
2003年(平成15年) 4月 臨床研修病院指定
2004年(平成16年) 3月 総合情報システム(電子カルテ/オーダリングシステム)稼働
2004年(平成16年) 6月 呼吸器科を開設
2005年(平成17年) 6月 消化器科を開設
2006年(平成18年) 3月 救急棟(集中治療室・HCU・救急室)竣工
2007年(平成19年) 4月 集中治療室を腎センターに改修(4床から14床へ)
2007年(平成19年) 7月 日本医療機能評価機構 病院機能評価認定(バージョン5)
2007年(平成19年) 9月 救急室を消化器・内視鏡センターに改修
2007年(平成19年)10月 SPDセンターを開設
2008年(平成20年) 1月 地域医療支援病院承認
2008年(平成20年) 4月 院内保育所(さくら保育所)開所
2008年(平成20年)12月 血管診療センターを開設
2009年(平成21年) 4月 尾道市立市民病院附属瀬戸田診療所開設
2010年(平成22年) 4月 がん診療統括部設置
2010年(平成22年) 6月 リニアック更新
2010年(平成22年)11月 広島県指定がん診療連携拠点病院に指定
2011年(平成23年) 4月 集学的がん治療センターを開設(5階東病棟を改修)
尾道市医師確保奨学金事業開始
2012年(平成24年) 3月 FPD搭載デジタル血管撮影装置に更新
2012年(平成24年) 7月 日本医療機能評価機構 病院機能評価認定(バージョン6)
2012年(平成24年)10月 小児外科及び形成外科を開設
2013年(平成25年) 3月 320列CTを更新
2013年(平成25年) 9月 ICUを増設・改修(4床から8床へ)
2013年(平成25年)10月 血管外科を開設
2014年(平成26年) 4月 市立夜間救急診療所が門田町へ移設
2015年(平成27年)10月 小児外科及び歯科の標榜を取下げ
2017年(平成29年) 1月 病床数の変更(一般290床となる)
1.5TのMRIの導入
sp sp
sp
ページ先頭へ戻る