医師、看護師、技師、研修医の採用・募集を充実し、安全かつクオリティーの高い医療技術を尾道及び周辺地域住民の皆様に提供し、「心を動かす」医療を目指します

小中大

ホーム> 病院のご案内> あいさつ

病院のご案内

尾道市立市民病院から

がん診療

病院情報の公開

トピックス/広報誌

[ あいさつ ]

尾道市立市民病院の病院長、及び看護部長からのあいさつです。

病院長のあいさつ

信頼される安全で質の高い治療を提供し市民の皆様の健康を守ります
患者様を中心とした医療の実現・安全で満足度の高い医療の実現・地域住民の健康に貢献する医療の実現・職員に優しい(職場)環境の実現
尾道市立市民病院院長 突沖 満則
sp

2016年4月1日付けで当院の病院長に就任いたしました。

 当院は尾道地区の中核病院であり、地域医療支援病院として、急性期医療、救急医療、高度先進医療、がん治療に重点を置き診療をしておりますが、今後予想される高齢化社会では、生活習慣病への対策が必須であり、血管診療センター、消化器・内視鏡センター、腎センター、集学的がん治療センターなどを設置し、関係する多くの診療科の協力体制の下、質の高い診療を行ってまいります。

 また、医師・歯科医師・看護師・薬剤師・理学療法士・管理栄養士・臨床工学技士・臨床検査技師・放射線技師・臨床心理士などの多職腫が共同で行うチーム医療にも積極的に取り組んでおり、緩和ケアチーム、糖尿病療養チーム・栄養サポートチーム、院内感染対策チーム、呼吸療法サポートチーム、周術期サポートチーム等の活動を行っています。

 さらに、尾道方式と呼ばれる退院時ケアカンファレンスを開催して在宅後方支援も確立させ、地域住民の健康を、退院後も支援できる体制も構築できております。尾道は人口14万程度の地方都市ではありますが、高齢化率も高く、高齢独居、老々介護等の問題を、かかりつけ医とともに在宅医療を支える公的医療機関として、その責務を果たし続けてまいります。

 現在の許可病床数は330床ですが、きめの細かい治療や在宅への支援により、早期に在宅への退院も可能となっております。今後も高度急性期、急性期病床に対応できる医療機関として、地域の皆様に選ばれる病院をめざし、信頼される安全で質の高い医療を提供し、市民の皆様の健康を守る所存です。

2016年4月

尾道市立市民病院 院長 突沖 満則

看護部長のあいさつ

協働・連携・補完で患者さんを支援します
看護部長 上谷 紀子
sp

 本年4月に、看護部長に就任いたしました。私が当院に就職したのは、新築移転した年でしたので、32年が経過しました。大好きな故郷尾道で、永きにわたり働くことができたことを、幸せに思っております。

 我が国においては、世界に例を見ない少子超高齢社会を迎え、社会保障制度の見直し、医療法の改正など、2025年に向けて様々な検討がされています。そして市民の方々が住み慣れた自宅において、望まれる生活を送ることができる「地域包括ケアシステム」の構築と推進がおこなわれています。

 当院は、地域に密着した急性期病院です。患者さんを地域で暮らす生活者として、病気にのみ着眼するのではなく、全人的に捉えて、患者さんや御家族が望む生活ができるように、支援することを心がけています。そのためには、治癒しない病気、加齢による変化や障害を抱える患者さんの、残存する機能を引き出し、患者さんがどうしたいのか、自らが自己決定することを支援することいわゆる、「意思決定支援」をおこなう事が、重要となってきています。患者さんのQOLを考え、医療者としての倫理的視点で治療、看護を提供することが必要です。

 当院においては、患者さんを中心としたチーム医療を推進し、医師、看護師等の医療スタッフが協働できるシステムも充実しています。入院中は勿論のこと退院される時も、チームで関わることを大切にしています。そのような医療・看護を提供するために、自律した看護師の育成にも力を入れています。新人看護職員研修制度を導入し、計画的に研修を開催しています。そして、ジェネラリスト、スペシャリスト、看護管理者教育なども組織的に支援しています。

 全国平均より早く、少子高齢化を迎えつつあるこの地域において、市民の方々が住み慣れた自宅において、望まれる生活を送ることができますように、地域連携の拡充に向けて取り組みたいと思っております。

 そして看護師がマネジメント力を発揮し、多職種と協働して、尾道市民病院が理念に掲げています「信頼される安全で質の高い医療を提供し、市民の皆様の健康を守ります」が実現できますように、尽力する所存です。

2015年4月

尾道市立市民病院看護部長(認定看護管理者) 上谷 紀子
sp
ページ先頭へ戻る