医師、看護師、技師、研修医の採用・募集を充実し、安全かつクオリティーの高い医療技術を尾道及び周辺地域住民の皆様に提供し、「心を動かす」医療を目指します

小中大

ホーム> 入院のご案内> 入退院の手続き

外来のご案内

尾道市立市民病院から

がん診療

病院情報の公開

トピックス/広報誌

[ 入退院の手続き ]

尾道市立市民病院での入退院時における各種手続きのご案内です。

入院の手続きについて

尾道市立市民病院・入退院の手続き
診察の結果、医師が入院治療を必要と認めた方で入院をご希望の場合は、入院当日、中央受付で手続きをした後、各外来へおいでください。
  1. 健康保険証(高齢医療受給者証、公費医療受給者証を含む)
    保険証のほか高齢医療受給者証、限度額適用認定証、減額認定証、その他公費負担、自賠責、労災等の関係書類などは、1階の中央受付にお示しください。
    入院中に変更が生じた場合は、中央受付にお知らせください。
    • ※「限度額適用認定証」を提示されると、同一月(1日から末日まで)の医療費の窓口負担が、自己負担限度額(所得区分によって異なります。)までですみます。事前に手続きをお願いします。
  2. 入院同意書及び誓約書
    次の方が署名・捺印のうえ、各病棟ナースステーションに提出してください。
    • 届出人:患者さん(未成年の場合は保護者)又はご家族(成年者)
    • 連帯保証人:患者さんとは別世帯の成年者で、独立して生計を営む方
  3. 付き添い証明、個人情報の保護に関する申請書
    次の方が署名・捺印のうえ、各病棟ナースステーションに提出してください。
    • 申請人:患者さん(未成年の場合は保護者)又はご家族(成年者)
    • 代理人:上記以外の方
  4. 臓器提供意思表示カード(ドナーカード)について
    臓器提供意思表示カード(ドナーカード)をお持ちの方は、担当医師または看護師にお申し出ください。
  5. 個室利用について
    個室の利用をご希望の場合はお申し出ください。空室がある場合はご利用いただくことができます。ご利用に際しましては、次のとおり、別途料金が必要です。
    また、病状その他の都合により転室をお願いすることがあります。予めご了承ください。
    個室利用の料金について
sp

入院に必要なもの

尾道市立市民病院・入院に必要なもの
入院の際には、次のものをご持参ください。携帯品は必要最小限にお願いします。
●ご用意していただくもの(例)
診察券・印鑑・湯のみ・はし・スプーン・やかん(小)又は急須・パジャマ・下着・タオル・バスタオル・箱入りティッシュペーパー・くず入れ・スリッパ・洗面用具・イヤホーン等
備考
  • 湯のみ・やかん等はこわれにくいもの、スリッパは滑りにくいものをご準備ください。
  • ナイフは持ち込まないようにしてください。
sp

入院費用について

尾道市立市民病院・入院に必要なもの
  1. 入院料その他の診療費は、診療報酬点数表に基づいて計算し、一部が自己負担となります。
  2. 給食については、一部自己負担となります。
  3. 保険診療の対象とならないもの(証明書料、個室料金等)は、自己負担となります。
  4. 個室の利用をご希望の場合はお申し出ください。空室がある場合はご利用いただくことが出来ます。ご利用に際しましては、次のとおり、別途料金が必要です。
●個室料金
1日につき 2,000円〜10,800円
※病状その他の都合により転室をお願いする事があります。
  予めご了承ください。
詳しい個室利用の料金について
sp

入院料のお支払いについて

尾道市立市民病院・入院料のお支払いについて
  1. 入院並びにその他の料金は、毎月月末に計算し、後日納入通知書をお配りしますので、お受け取りになられた日から3日以内に1階の会計窓口でお支払いください。お支払いは、できるだけ午後(14:00〜16:00)にお願いします。
  2. 退院の際には、退院日までの入院料をお支払いのうえ退院をしてください
  3. 伝票整理上、やむを得ず精算が間に合わなかったものについて、後日追加請求させていただくことがありますので、ご了承ください。
  4. 土日、祝日に退院をご希望の方は、事前に医事課へご相談ください。救急受付でのお支払もできます。
  5. 入院料(納入通知書)についてのお問合せやご相談は医事課へお願いします。
sp
sp
ページ先頭へ戻る