医師、看護師、技師、研修医の採用・募集を充実し、安全かつクオリティーの高い医療技術を尾道及び周辺地域住民の皆様に提供し、「心を動かす」医療を目指します

小中大

ホーム> 各科のご案内> 消化器内科> 病気のはなし

各科のご案内

尾道市立市民病院から

がん診療

病院情報の公開

トピックス/広報誌

[ 消化器内科 ]

ご覧になりたい項目を下記のタブから選択してください。情報やお知らせをご案内します。
sp

病気のはなし

尾道市立市民病院における、消化器内科の病気のはなしをご紹介いたします。
(2018年4月現在)
診療内容

平成17年6月1日から消化器科として、消化器領域の内科的診療を行っています。

主な診療内容・対象疾患

■消化管 
 上部消化管(食道・胃・十二指腸)・下部消化管(大腸)の検診目的の診断内視鏡
 早期胃癌、大腸ポリープ・早期がんに対する治療内視鏡
 ピロリ菌の除菌
 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、腸管感染症の診断・治療

■胆膵
 
胆嚢結石・胆嚢炎および総胆管結石の診断・内科的治療、内視鏡的治療
 
(減黄術・結石除去)
 胆道系腫瘍・膵腫瘍の診断・治療

■肝臓
 
B型、C型肝炎・肝硬変、自己免疫性肝疾患、肝癌の診断・治療

■緊急内視鏡
 
上部・下部消化管出血(吐血・下血・血便)に対する止血術
 総胆管結石・閉塞性黄疸に対する緊急ERCPによる減黄術

平成19年8月より、消化器・内視鏡センターを開設し、消化管内視鏡および超音波検査を実施しています。
内視鏡はハイビジョン内視鏡を導入し、拡大観察・NBI観察などの導入でより正確な診断を目指しています。

sp
sp
ページ先頭へ戻る